葬儀 / 葬儀の流れ / 葬儀後の流れ
 

かけがえのないご家族の家族の一員が亡くなられると、何をどうしたらいいのか分からなくなることがあります。そこで簡単に死亡から葬儀までの流れを考えてみました。

いざと言う時に、お役立てください。

 

● 臨終直後の対応

1 関係者に連絡をします。

(家族、親戚、近隣、知人、お寺)

2 葬儀社へ連絡します。

3 連絡を受けた葬儀社はご遺体を自宅に運びます。

 

● 枕飾り(葬儀社がやってくれます)

1 手は胸の上で組ませ、数珠をかけ、顔はサラシの面布で覆います。

2 枕元に小さな机を置いて、ローソク、線香などを飾り、火をともします。

3 北枕…真宗では、北枕にこだわりません。

 

● お内仏(お仏壇)の荘厳(お飾り) (自分で行ないます)

…まだお仏壇のない方は、お寺にそう言ってご本尊をお借りします。

1 打敷…(上卓と前卓にかける三角の布)銀色か白(または裏返して白い方を表にします)

2 仏花…花は、樒(しきみ)だけのものにする。…色花は入れない

3 仏飯…ご飯を仏飯器に盛ります(故人の茶碗には盛りません)

4 灯明…白の蝋燭(ローソク)

5 線香…香炉に折って寝かせて焚きます

 

● 枕 経

(人生の終わりに臨んで、長年お育てにあずかった阿弥陀さまにお礼の勤行です。)

1 お寺へ連絡を取り、枕経に来てもらう。

 

● 葬儀内容の決定

1 喪主・親族・僧侶・葬儀社との間で、通夜・葬儀の日時と会場を決めます。

2 喪服の用意をします。

 

● 通夜・葬儀の手配(葬儀社が手配してくれますので人数等を知らせて下さい)

1 祭壇に飾る遺影の準備をします。

2 火葬場に行くバス・タクシーの手配をします。

3 受付用具・記録簿を用意します。

4 会葬礼状の印刷を手配します。

5 会葬御礼品(粗供養品)を用意します。

6 通夜の食事用意をします。

 

● 通夜

通夜は通常、葬儀前日の午後6時~7時頃から始めます。

僧侶の読経、焼香、喪主挨拶という流れです。

 

● 葬儀準備(葬儀社と打ち合わせをしましょう)

1 受付の準備

(会葬御礼品、会葬礼状は通夜の前に用意します)

2 弔電を整理し奉読の順を決めます。

3 席順や焼香順位を決めます。

4 火葬場へ行く人を確認します。

5 初七日法要の料理の確認をします。

 

● 葬儀

葬儀は一般的には次の順で行われます。

1 参列者着席

2 導師入場

3 棺前勤経 読経

4 開式の辞

5 導師焼香 表白

6 葬場勤行…親族焼香…一般参列者焼香

7 弔辞弔電奉読

8 灰葬勤行…喪主代表焼香

9 喪主挨拶

10 閉式の辞

11 導師退場

 

● 出棺

葬儀が終わったらご遺体を花で飾り、故人愛用の品を棺に納めます。

親族は故人との最後のお別れをして、近親者で棺を霊柩車に運びます。

 

● 火葬・骨あげ

火葬にかかる時間は1時間半ほどです。

收骨される方は係員の連絡があるまで、休憩所でお待ちいただきます。

 

● 法要・食事

火葬場から帰ると、還骨と兼ねて初七日法要を勤めます。