年忌は法事だけれども、法事は年忌じゃない…?…ってどういうこと?

 

法事というのは、法(ほう)の事(こと)(事業)ということで、仏事(ぶつじ)(仏(ほとけ)の事(こと))ともいいます。

つまり仏法の事という意味です。

仏法の事ということは…仏に出遇う…法に出遇う…教えに出遇う…ということがあってはじめて、

法(ほう)の事(こと)となる…法事になる。

そういう意味で法事というのは、年忌だけではなく、お葬式も法事になりますし、報恩講も法事になるわけです。

 

○ 法事・仏事とは「仏法の事業」ということです。

この事業とは「はたらき」ということです。

「仏さまのはたらき」に出遇わせていただくということが仏事であり、法事なのです。

そして、その仏さまのはたらきに出遇わせていただくのは、他でもない、法事にお参りした私なのです。

年忌は、亡き人をとおして、私たちがご本尊に合掌し、お念仏に出遇わせてもらうのです。

 

 

年忌法要の理想的な勤め方として、

命日を機縁として営むのは(忌明法要(35日・49日法要)は別として)、

まる1年・・・・・1周忌

まる2年・・・・・3回忌

まる6年・・・・・7回忌

まる12年・・・・13回忌

まる16年・・・・17回忌

まる22年・・・・23回忌

まる26年・・・・27回忌

まる32年・・・・33回忌

まる36年・・・・37回忌

まる42年・・・・43回忌

まる46年・・・・47回忌

まる49年・・・・50回忌 (ここを「といあげ」と言って「最後の法事」とします)

 

お寺では、例えば宗祖親鸞聖人や蓮如上人などは、この後も、100回忌・150回忌・200回忌~750回忌というように、50年ごとに勤めます。

一般家庭では、まず無いでしょう。

現実には、故人の没後30年も経てば、その頃には別の方が亡くなったりします。

ですから、『父の○○回忌「ならびに」祖母の○○回忌』と一緒に勤めることが一般的な傾向なようです。

 

※(我が家は、いつ年忌の年に当たるか調べたい場合は、年忌当たり年・早見表をご覧ください)